FC2ブログ

鏡薬品 波動漢方研究所

Entries

漢方を学び始めて25年、波動カウンセリングを始めて5年、その他各種療法を学んでいます。

  • <<  漢方相談27 「アトピーと白内障の関係」
  • >>  健康雑談28 「糖尿病」

スポンサーサイト

Edit

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

漢方相談28 「鼻炎について」

  • 2014.04
  • 02

Edit109

私は小さい頃からたくさんのアレルギーの病気を持っていました。喘息から始まり、アトピー性皮膚炎、汗疱(あせもの一種の皮膚病で手と足の皮がふやけてむける病気)、蓄膿症、アレルギー性鼻炎。

2歳~10代までこのような病気で悩まされました。全てかなりひどかったのですが、何故治らないのかと考える事はあっても、卑屈になったり、落ち込んだりする事はありませんでした。根っからの悩み性ではなかったんだと思います。

意外と神経質なところはあったんですが、逆におおらかな性格も持ち合わせていたので、よかったんだと思います。喘息はかかりつけのお医者さんからも、大きくなったらそのうち治ると、小さい頃から言われ続け、小学生になっても治らない、6年生になっても治りませんでした。しかし、中学生になって少し体力がついてからは、あまりひどい喘息にはならず、高校生からは喘息で休む事はなくなりました。

アトピー性皮膚炎も2歳ぐらいから小学生まではあったのですが、中学の頃にはたいして気にすることもありませんでした。汗疱は3歳~29歳まで治りませんでした。しかし、独学で漢方を勉強して治しました。

蓄膿症は3歳~25歳まで、大学を出て、就職した先の近くにある薬局で頂いた漢方薬で、あっという間に治ってしまいました。いまでもその先生には感謝していますが、これが私が漢方を学び始めたきっかけになったからです。

そして小学生から30代まで、一番長く悩まされ続けたのが、アレルギー性の鼻炎でした。

長々と私のアレルギーの病気を書きましたが、病名は違えども、全て基本的には体質が関係しているものです。ですから基本的名食養生などは同じです。

体質がよくなると症状は軽くなっていきます。ただし、それぞれの治療方法は漢方的にも少しずつ違います。それは、早く治すためです。

基本の体質が改善されれば、食養生と運動と、日々の規則的な性格環境を整える事で、全てのアレルギーの病気は治ります。

私の場合、アレルギー性の鼻炎が一番長く、ひどかったのですが、中学生の頃に国語のテストで大失敗の経験があります。鼻水が水鼻で止まらなく、くしゃみはしないんですが、ずーっと水鼻が落ちてくるんです。鼻をすすっても1分間に1的は落ちるんです。しかたないのでハンカチを鼻の下に置いて、テストを受けていました。あまりにも鼻が気になって、終わりのチャイムが鳴った時には半分もテストは書けていませんでした。

鼻をよくすする癖もこの頃から強くなり、1日中鼻をすすっていました。25年は続いたと思います。おかげで私がどこにいるかは家族はすぐにわかりました。トイレにいてもどこにいても、友達もわかりました。

その私もとうとう鼻炎とおさらばする時がきたのです!それは何かと言うと、甘い物、特に白砂糖の入ったものを極力控えたことです。

私の父は甘党で、いつも羊羹やまんじゅう、アイスなど、とにかく甘い物が好きでした。私も同じく甘い物は好物でよく食べていました。それを白砂糖の入ったものを極力摂らないように心がけたときから少しずつ治っていったように思うのです。

2番目は牛乳をあまり飲まなくなったことです。今ではほとんど飲むことはありません。

小学生から中学生の頃は毎日2本飲んでいました。夏の暑い時は3本飲んでいたときもありました。今思えば、その時が一番ひどかったようです。

白砂糖は食性といって、食べ物の性質でいうと、一番体を冷やし、ゆるめる働きのある、極陰性の食べ物です。

そして牛乳も陰性の飲み物で、摂り過ぎると細胞がゆるみ、水ぶくれのようになります。水浸しになり、余分な水分があふれ出ているのが鼻炎です。

私の場合は、喘息もありましたので、肺が非常に弱く、ちょっと体が冷えると、クシャンとくしゃみをしていました。すると鼻水があっという間にズルズルと出て大変でした。肺を暖める機能が低下していたからです。

それも白砂糖と牛乳をたくさん摂っていれば、当たり前です。細胞レベルから冷やして水分代謝を悪くしてからです。

ですから、これに気づいてからは、牛乳は摂らなくなり白砂糖も気をつけるようになりました。

スーパーやコンビニに行っても、必ず裏の表示を見ます。真っ先に砂糖、またはブドウ糖果糖と書いてあるものはすぐ棚に戻します。最初に書いてあるものが一番たくさん入っているからです。

皆さんもぜひ注意して砂糖と牛乳は摂って下さい。健康な方はある程度摂られても問題ないのですが、様々なアレルギーの病気で悩んでいる人はぜひ一度試してみて下さい。お金はかからず3~6ヶ月ほどで改善が見られると思います。

そしてもっと早く治したい方はプラスして、良いものを積極的に摂ればいいのです。

詳しくはご相談下さい!!



Comment

top

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

top

URL
http://kagamiyakuhin.blog.fc2.com/tb.php/109-2ad64437
この記事にトラックバック(FC2Blog User)
  • <<  漢方相談27 「アトピーと白内障の関係」
  • >>  健康雑談28 「糖尿病」
Copyright © 岩部 尚
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。