FC2ブログ

鏡薬品 波動漢方研究所

Entries

漢方を学び始めて25年、波動カウンセリングを始めて5年、その他各種療法を学んでいます。

  • <<  健康雑談39 「五月病に能活精」
  • >>  漢方相談37 「ストレスについて」

スポンサーサイト

Edit

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

漢方相談 36 「不登校の改善」

  • 2016.04
  • 02

Edit153

最近の学生は小学生から大学生まで、嫌な事やいじめなど色々あるとは思いますが不登校になる方が非常に多いと思います。

昔であればどんなに嫌でも学校は必ず行かなければいけないというものでした。特に中学校までは義務づけられていますから。

しかし、今は子供もですが親までもが、学校を休ませる事に対してあまり深く考えない方も多くなりました。

精神的なものの場合、カウンセリングを受けられる方がまず多いと思います。しかし、カウンセリングだけでは、何年かかるかわかりません。

次に精神科や心療内科に行かれると思いますが、確定した診断ができにくいので、とりあえず病名を付けられて、お薬を出されますが、実はこれがクセものです。

肉体の病気であれば、どの病院に行かれてもだいたい同じ様な診断が下ると思います。

しかし、心の病は見えないので、西洋医学的にはお手上げです。
病気を診断するための機器も診断薬もありません。

ですが患者さんは先生を信じて長く通われ薬を服用されます。何ヶ月も何年も何十年も通われている方が多いと思います。
そして、そういう方々は改善しているどころか、どんどん悪化しているようです。

当店では、食事指導を主に、その方に不足したり、欠乏したりしている栄養素が十分に摂れるように、アドバイスしています。

体質的な問題がある人には漢方薬を出しますが、基本的には、その方に合ったサプリメントを摂ることで急速に改善していきます。

来店された時には肉体的・精神的症状が50以上ある方でも、わずか7日間で30以上改善している方もおられます。

このような方はだいたい1ヶ月くらいでほぼよくなれれています。それは、病院に行ってなくて、化学薬品を飲まれてないからです。

長年化学薬品をたくさん飲まれている方々は、その副作用から離脱するのに時間がかかります。

1ヶ月に1つか2つ減らしていければよいのですが、肉体的・精神的に依存している場合はやっかいです。
薬を減らすと余計に症状が悪化したりするからです。

精神科・心療内科にかかる時は、この病気は何ヶ月くらいで治ります。とはっきり言って下さる先生、または本気で治そうとして下さる先生の所に行くしかありません。

それでも治らない方はどうぞご相談下さい。
できる限り早く元通りに、元気になるように指導致します。

Comment

top

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

top

URL
http://kagamiyakuhin.blog.fc2.com/tb.php/153-d3b2ada1
この記事にトラックバック(FC2Blog User)
  • <<  健康雑談39 「五月病に能活精」
  • >>  漢方相談37 「ストレスについて」
Copyright © 岩部 尚
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。