FC2ブログ

鏡薬品 波動漢方研究所

Entries

漢方を学び始めて25年、波動カウンセリングを始めて5年、その他各種療法を学んでいます。

  • <<  波動カウンセリング 39 「エネルギー改善について」
  • >>  ブログの移行について

スポンサーサイト

Edit

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

健康雑談48 「梅雨の季節に困る天気痛」

  • 2017.06
  • 12

Edit170

梅雨の時期になると、・頭痛がする・古傷や関節が痛む・肩こりや腰痛が悪化する・なんとなく気持ちが落ち込む
こんな経験をされた事はありませんか?

そんな不調をもたらす原因
実は私たちの生活に密着している『天気』だったのです。

近年では「天気通」とも呼ばれるようになったそうですが、天気の変化(悪化)によって引き起こされる不調のことで、深刻なケースになると命の危険さえ伴うのです。

そもそも天気が悪くなると体調も悪くなるのはなぜなのか
○気圧の低下 = 神経の働きが活発化
●気温の上下 = 血圧の調整機能が低下
〇湿度の上昇 = 発汗抑制による血行不良


天気が悪くなるだけで、こんなに人体への影響があるんですね。
ではどうすれば予防、改善ができるのか

ポイントは2つ!

□身体の平衡感覚をつかさどる「内耳」
三半規管などが集まる部位ですが、気圧の変化を感知し、自律神経の働きを活性化させるよう脳に信号を送るセンサーの役割があります。

■筋肉の緊張と骨への圧力を解放する「顎」
梅雨時期の特にうったえられる症状である偏頭痛。一因となっているのが頭蓋骨への圧力で、これは顎を動かすことで軽減できます。

この改善へのポイント2つとも簡単にケアできる方法があります。

天気は人間がどうこう出来るものじゃありません。
しかし、身体は貴方自身でどうにでも変えられます。
いくつになっても生まれ変わる喜びは体験できるのです。

もう梅雨の不調に左右されるのは終わりにしましょう!
不調から解放されるためにも漢方薬で元気な体を手に入れて下さい!

Comment

top

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

top

URL
http://kagamiyakuhin.blog.fc2.com/tb.php/170-cf53f5c8
この記事にトラックバック(FC2Blog User)
  • <<  波動カウンセリング 39 「エネルギー改善について」
  • >>  ブログの移行について
Copyright © 岩部 尚
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。