FC2ブログ

鏡薬品 波動漢方研究所

Entries

漢方を学び始めて25年、波動カウンセリングを始めて5年、その他各種療法を学んでいます。

  • <<  健康雑談⑳ 「我が家のもみじ」
  • >>  大宇宙の法則⑰ 「エゴ(我)を減らそう」

スポンサーサイト

Edit

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

漢方相談23 「冬場ののどの漢方」

  • 2012.12
  • 06

Edit79

冬になり、寒さのために私達の体がそれに順応できないと様々な病気を起こす事になります。


呼吸器系では、冬に入る前から空気の乾燥と朝方の冷えによって、鼻やのどの粘膜が乾燥して、炎症を起こしやすい状態になります。


漢方的にいえばのどの体液不足となります。


この状態になると、朝起きがけに、口の中や鼻が乾燥して声が出にくい状態になります。軽い時はうがいやお茶などでよくなります。


しかし、長く続くと体液不足がひどくなり、のど痛や頭痛が起きるようになります。この時には銀翹散が効きます。


銀翹散



さらに進んで咳が出るようになった時には、気管支や肺を潤す麦門冬湯と咳を止める五虎湯を一緒に飲んで原因と症状を同時に良くします。


麦門冬湯           五虎湯




これから年末にかけてはインフルエンザが流行し、気管支炎や肺炎も多くなりますので注意しましょう。


Comment

top

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

top

URL
http://kagamiyakuhin.blog.fc2.com/tb.php/79-f509372e
この記事にトラックバック(FC2Blog User)
  • <<  健康雑談⑳ 「我が家のもみじ」
  • >>  大宇宙の法則⑰ 「エゴ(我)を減らそう」
Copyright © 岩部 尚
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。